ランタナと白いペチュニアを使った初夏のハンギングバスケット | つくろうでつくろう。グリーンのある毎日。 ランタナと白いペチュニアを使った初夏のハンギングバスケット | つくろうでつくろう。グリーンのある毎日。

ランタナと白いペチュニアを使った初夏のハンギングバスケット | つくろうでつくろう。グリーンのある毎日。

ランタナと白いペチュニアを使った初夏のハンギングバスケット

※再生ボタンをクリックすると動画が流れます

Scroll

ガーデニングレシピGardening recipe

ランタナと白いペチュニアを使った初夏のハンギングバスケット

ラタンハンギングバスケットM

使用する苗

  • ①コレオプシス

  • ②ランタナ(オレンジ系)×2

  • ③斑入りペチュニア(ホワイト系)×2

  • ④メカルドニア×3

  • ⑤リシマキア・オーレア×3

  • 苗の配置図

    苗の配置図

    ①をセンター、②③をその周りに対角で、さらにその周りに④⑤を配置する。

  • Step 1

    ~苗の準備~
    仕上がりをイメージしながら、バスケットに入れる苗の配置を決める。(苗の配置図を参考に)

  • Step 2

    ~バスケットの準備~
    バスケットの底が見えなくなるまで水苔を敷く。
    その上に土を入れ(バスケットの六分目まで)、最後に元肥を適量播く。

  • Step 3

    〜植え込み(1)〜
    植え込む前に株元の葉と、土の肩と底を適量取り除く。
    (葉が多すぎると蒸れる原因になるので、株元付近の周囲1㎝程度の下葉を取る)

  • Step 4

    〜植え込み(2)〜
    ④と⑤は角度を少し付けて植え込むと動きがでる。(植え込む順番は苗の番号順)

  • Step 5

    ~土入れ~
    すべての苗を植え込んだ後、バスケットの苗と苗の間に隙間ができないよう土を入れる。
    ※苗と苗の間に土を入れるのを忘れずに。

  • Step 6

    ~水苔入れ~
    水で戻した水苔を棒状に伸ばして、バスケットの外側に入れる。
    ※水苔は苗と苗の間には入れない。

  • Step 7

    ~仕上げ~
    やさしい水量で植物に付いた土を落とし、バスケットから水が流れ出るまで水をかけて出来上がり。

このレシピで使用している商品Items used

レシピ使用商品Items used

Top

端末の向きを縦にして見てね