冬のホワイトリーフを使ったウォールハンギング | つくろうでつくろう。グリーンのある毎日。 冬のホワイトリーフを使ったウォールハンギング | つくろうでつくろう。グリーンのある毎日。

冬のホワイトリーフを使ったウォールハンギング | つくろうでつくろう。グリーンのある毎日。

冬のホワイトリーフを使ったウォールハンギング

※再生ボタンをクリックすると動画が流れます

Scroll

ガーデニングレシピGardening recipe

冬のホワイトリーフを使ったウォールハンギング

ラタンウォールハンギングバスケット

使用する苗

  • blank

    スイートアリッサム

  • blank

    ダスティーミラー

  • blank

    バコパ・ライムバリエガータ

  • blank

    ハボタン・フェザーホワイト

  • blank

    プラティーナ

  • blank

    ヘリクリサム・ミニ

  • blank

    リシマキア・ヌンムラリア

  • blank

    丸葉ハボタン4本植え

  • 苗の配置図

    苗の配置図

    blank

    ハンギングスタンドに掛けると作業しやすい。丸葉ハボタン4本植えは白だけを使用。プラティーナとリシマキアを細かく分ける。

  • Step 1

    blank

    ~バスケットの準備~
    水で戻した水苔をバスケットの底に敷く。その上に土を入れ(バスケットの六分目まで)、最後に元肥を適量播く。

  • Step 2

    blank

    ~苗の準備~
    仕上がりをイメージしながら、バスケットに入れる苗の配置を決める。(苗の配置図を参考に)

  • Step 3

    blank

    ~植え込み(1)~
    丸葉ハボタン4本植えを4つに分け、白2株だけを使用。
    その他の苗は株元の傷んでいる葉を取り除き、苗の肩と底の土をとる。

  • Step 4

    blank

    ~植え込み(2)~
    プラティーナとリシマキアを細かく分けながら(それぞれ2〜3株)ハボタンの間にバランス良く配置する。

  • Step 5

    blank

    ~土入れ~
    すべての苗を植え込んだ後、バスケットの苗と苗の間に隙間ができないよう土を入れる。

  • Step 6

    blank

    ~水苔入れ~
    水で戻した水苔を棒状に伸ばして、バスケットの外側に入れる。

  • Step 7

    blank

    ~仕上げ~
    やさしい水量で植物に付いた土を落とし、バスケットから水が流れ出るまで水をかけて出来上がり。

このレシピで使用している商品Items used

レシピ使用商品Items used

Top

端末の向きを縦にして見てね